zarubaku official blog 湘南藤沢駅、南口にある蕎麦ダイニング zarubaku のオフィシャルブログです。

正月によくある風景

年末年始の「あの」ムードも終わり、街は平時を取り戻しました。

なんかこう背筋をのばして「THE・正月」みたいのが嫌いなので、清々しております。

不憫な話なのですが、1年12か月の間戦ってきて、大晦日は朝から大量の蕎麦を打たせていただくわけです。

本年もありがとうございました、という形で22時に店を閉めて、23時少し前に帰宅するわけですよ。

子供がいるので仕方がないのですが、家の中真っ暗。全員就寝済み。夕飯の残りに、乾麺の蕎麦の残り物。

乾麺の蕎麦の残り物ですよ?思わず誰もいないのに「なんでやねん」とツッコミました。

「起きてる」と約束していた妻はゆすっても反応なし。死んでるのかと心配になるほどです。

そして毎年強く思う「飲みに行けば良かった」と。

(でも飲み過ぎて元旦が潰れるのはまずいなと毎年我に返る)

ま、それでも興味もないのに一応の年末ムードを味わうために格闘技とか紅白とか見てみます。

美味くも何ともないコンビニ弁当みたいなお惣菜を突きながら、

あ、那須川負けたな〜とか、サザンとユーミンはやっぱプロだな〜とか独りつぶやくのです。

で、「ゆく年くる年」をぼーっと見始めて、

そういえば子供の頃は大晦日と言えば雪が深く積もっている中をお参りに行ったなとか

親戚の家でいとこのお兄ちゃん達と夜更かしして楽しかったなとか回顧するわけです。

僕が唯一、年越しで楽しみにしていたカウントダウンTVも文春のおかげでベッキーが居なくなってから見てません。

aikoとベッキーとエグザイルをTVで見る年に一度のお楽しみを文春に奪われました。

で、休みの朝くらいゆっくり寝ていたいのに下の階からギャーギャーと動物みたいな子供の声で起きるわけですよ。

階段をゆっくり降りて行くと、

「あけましておめでとう」より先に「餅食え、決まりだから」と風情のないことを父親に言われるのです。

「餅??」だったら年越蕎麦くらいまともな蕎麦を食べろよと突っ込みを入れると

「あんたに蕎麦もって帰って来て!って言ったじゃない!」と母親。

言われてないし、どうせ全員寝てたじゃ〜ん!ツッコミところ満載すぎて年始から脱力モードです。

そして神棚のお神酒を何度も何度もおかわりして、寝起きからベロベロになるのでした。

この、ここ最近繰り返される正月の雰囲気。

嫌いではないのだけれど、なんだかなぁ〜と思っております。

正月商材は食材のクオリティが微妙&値段が高いので僕は競合しないタイ料理とかインド料理に逃げます。

さて、今年はどんな年になるのでしょうか。楽しみです。


2019亥年始動!

皆様、新年あけましておめでとうございます。

旧年中は当店に関係する皆々様に大変お世話になりました。

初めてご来店いただいたお客様も、日ごろからご利用いただいているお客様にも、心より御礼申し上げます。

本年も変らぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

12月、そして正月三が日が終わりました。5日6日が週末という事もあり、まだ街は年始モードですね。

年末に初めてご来店頂いたお客様にはぜひ、平月のゆったりとした時間の当店にもお越し頂きたく思います。

昨年も沢山の出会いがありました、今年はどんな1年になるのか楽しみでなりません。

昨年は茅ヶ崎店との兼ね合いで、今までにない量の蕎麦を打ちました。

14年近く毎日蕎麦を打っているが、2018年に僕の蕎麦打ちは飛躍したように思います。

奥が深いとか、そんな簡単な言葉で説明できない何かを習得した感。

別に奥なんて深くないし、ただただ毎日おなじ「粉」をこねる。

変わるのは外的要因(気温・湿度・体調等)で、粉自体はいつも同じ粉である。

つまり、変化する外的要因を「変化しない蕎麦」に打ち上げられる足し算と引き算が上手くなったのだと思う。

これはあくまで自己満足・自己分析でしかなく、打つのが上手くなったものだな〜と鑑みているだけですが。。

今年はメニューにバリエーションとメリハリをつけたいなと思っております。

毎年頭を悩ませている問題で、守るものと攻めるもの的な、

変わらないザルバクと変わり続けるザルバクという矛盾する価値観をいかに表現できるか。

あまりたいそうな事を正月から言うと、自分の言葉に首を絞められてしまうので抽象的表現にとどめますが。。

ま、今年も僕たちなりの身の丈に合った成長をしていきたいと思います。

(なんやねん、この落としどころw)

こんな感じでテキトーにブログやってます、本年もよろしくお願い致します!!


気が付けば2018もあと数日、、、

年末ですね。そう、年末なんですよ。

なんというか、今年は12月という気があまりしない12月なのであります。

たぶん気温のせいなのではないかと勝手に思い込んでおります。

(忘年会シーズンなのに少し静かな店内とか、関係ないよ!)

いや、、それとも今年は平月も体に負担を掛けているので、12月の繁忙に気付いていないのかな?

(そうだ、きっとそうだ、今年も1年働きまくったし!!)

本厄もあと数日で終わる、激動の2018年もあと数日で終わろうとしている。

(諏訪神社でお祓いしたし、厄祓いにバンコクのワットトライミットまで行ったな〜)

仕事ってのは、上手く行かないから忙しくて疲れ果てるのであって、

簡単に結果が出ていたら、何もこんなに朝から晩までバタバタしなくて済むわけであります。

でも、本気でやるから面白いんだし、その分強くなっている自分を感じるのは収穫なのです。

(40過ぎてまだまだ成長期してると思い込んでる自分もどうかと思うけど・・)

とは言っても12月です。めっちゃ混んでます。

いつもご来店いただける皆さまには感謝しかございません。

なんか静かだなと思っても、日々何十名のお客様にご来店頂き、

その一人一人のお客様に自分達の作った世界観の中で、

自分達で発案・調理した商品を飲食して頂けるというのは非常に喜びであります。

今、ブログを書いて、やっと年末なのかもな〜と思い始めました。

今年も色々あったし、色々な人達と出会い、色々やったなぁ〜、と。

プライベートも含めると、人生で一番充実している日々を過ごしているかもしれない昨今。

数年前の初詣で「充実した1年を」と願をかけて以来、、、

いまだに充実し過ぎて体と頭が付いていかない〜

来年は更なる充実を求め、新しい何かを模索したいと思う、年の瀬であります。

年内は31日まで、年明け2日からの営業となります。

2018年、それほど残りの日にちはありませんが、お蕎麦とお酒だけでもご来店いかがですか〜

皆様のご来店スタッフ一同、心よりお待ちしております。


12月近いのに暖かいですな〜

12月が近いというのにこの暖かさはいったい。。

体の時計と実際の時間にズレが生じていて、日が短い事に違和感しか感じないこの頃。

この気温なら17時はまだ明るいはず。ある意味サマータイムを導入しているような体内時計的感覚。

 

さあ、みなさま、年に一度の大宴会シーズンがはじまりますよ〜

当店は毎年の恒例なのですが12月24日に従業員のクリスマス休暇を頂き、店休とさせていただく以外は31日まで営業致します。

打てる量に限界がある為大々的には告知いたしませんが、ご自宅用の手打ちそばもご用意いたします。

日にちと時間と何人前かを事前にご予約いただければ、その時間にご用意いたします、宜しくお願い致します。

 

さてさて、最近も色々と入荷があります。

海系はカゴカキダイ、アオダイ、ツチホゼリ、クロシビカマス、子持ち昆布、相模湾のツブ貝などなど。

↑カゴカキダイ塩焼き・脂がジューシー

↑アオダイ・僕が所有している40年くらい前の料理本には「幻の魚」と書いてあります。。

↑アオダイのハラス焼き・派手さはないけれど旨みと脂が品よく食欲を誘います。うま〜い。

 

山系は三浦半島某所に自生している天然クレソンや天然からし菜のおひたしなどなど。

 

以前から何度かブログに登場している「坦々風ピリ辛ごまそば」がブレーク中です。

今まで投入してきたオススメ蕎麦の中で断トツの注文&リピート率。

皆様もご来店の際はお試しくださいね〜


オススメメニュ〜をチェック!

茅ケ崎のオススメメニューは藤沢とは違い、茅ヶ崎店を任せているスタッフHが日々食材を見て決めている。

自由度の高さは茅ケ崎の方が高く、週に何度か訪れてもメニューが変わっている。

私は、ほぼ毎日茅ケ崎に蕎麦などを配達するのだが、新メニューのプチ試食をすることが多々ある。

この日はパクチーと揚げ蕎麦のアジア風サラダ。

(フィリピン国旗のマグカップは本文と一切関係ありませんw)

「レモン効かせた方が良くね?」とか「ナンプラーの量これでいいっすかね?」みたいな感じで話しながら理想に近づけていく。

なんかこういうやり取りはうれしいし、楽しい。

「ZARUBAKUっぽく揚げ蕎麦入れてみました」これが香ばしくてアクセントに丁度良い。

日々のオススメに関しては、もはや当ZARUBAKUに蕎麦居酒屋というコンセプトはあまり関係がない。

FBなどもフォローして頂いている顧客の皆様ならご存じだと思うが「蕎麦とお酒と地物が楽しめる」以外に縛りはない。

しかし、蕎麦、出汁など当店の遺伝子をちりばめたメニューが本来の新メニューの創作方法だとも思う。

今の藤沢のオススメには、

・地物ハモ(湯引き梅肉、唐揚げ、天ぷら)

・天然キクラゲ(卵炒め、和え物、おでん)

・天然なめこ(なめこおろし、きのこそば)

・マンボウの腸(酢味噌和え、辛味噌炒め)

・クエのホルモン(もつ煮込み、甘味噌漬け)

・シロシュモクザメ(天ぷらタルタルソース、唐揚げ、刺身)

などなど、食材さえあれば調理法は無限なので一応調理例を挙げてみたが、こんな感じ。地物縛りは完璧である。

先日茅ケ崎店で月に何度かある、私が厨房に立つ日のオススメでよく出たのが

牛タタキの塩だれ風サラダ

肉厚しいたけの焦がしマヨネーズ焼き、などなど。

特に茅ケ崎店は、その日の食材と気分でオススメメニューは変えているので同じものは無いかもしれませんが、

こんな感じで皆様が飽きない努力を続けています、ぜひぜひ今週もご来店ください。おまちしておりますよ!


残り物には福がある

「残り物には福がある」などと言うと「また適当なこと言ってんな〜このおじさん」と思うかもしれないが、

当店には「本当に福のある残り物的な食材」が存在するのである。

それは魚の頭やカマ、内臓、スジなど本来は日の目を見ない食材である。

こういう部位が美味いんですよ〜。へそ曲がりなのか、育ちが悪いのか、子供の頃から正肉以外の部位も大好きで。

イカのゲソと身を繋ぐ目の上のあたりの軟骨周辺とか、浅利の貝柱とか、牡蠣のひもとか、金目鯛の胸ひれの裏の黒っぽい所とか、、

魚の頭の中の可食部を探すのは、洞窟を探検する気分に似てますね。

眼底の奥に大量の肉を発見した時の喜びは金脈を掘り当てたの如く喜びが湧いてきたのを今でも覚えています。

(僕の場合はエスカレートして骨や甲殻類の殻まで食べる事が多々あります)

柔らかめの骨をゆっくり噛んだときに滲み出る脂と旨味がたまらないですね〜

 

脱線しましたが、当店には高級魚の頭やカマがあります。

これを捨てるのはもったいなすぎるのでメニューに格安で載せるのですが、まあ、あんまし注文が入りません。

独りでじっくり食べるにはもってこいでも、カップルやグループには食べるのが面倒くさいメニューなのかもしれません。

でもね、食べてよ〜〜

絶対お得、そしてメッチャ美味いです。

伊豆の地金目鯛の煮付けを真面目に食べたらウン千円しますが、当店のカブト煮はせいぜい1200円程度。

脂の溶けた甘辛の煮汁と柔らかい白身が最高です。

そして関東ではなじみが薄いのか、あまり食べる機会がない潮(昆布と塩で)煮。

甘鯛やハタ類などは最高に美味いですよ、そしてお得!

魚によって日本酒で炊いたり、泡盛と柑橘で炊いてみたり、、お値打ちです。

 

その他にも当店にはクエのホルモン炒めやエイやマンボウのレバー刺し、サメの軟骨などなど

面白い食材が入ることが多いです、気になるメニューは即オーダーでお願いします。

マンボウの腸と天然キクラゲの炒めもの。

マンボウの腸はミノのような食感です。

残り物ではありませんが和牛と天然キノコのサイコロステーキ!絶品でした。

皆様のご来店おまちしております!


ちょい呑み本番!

以前も告知した通り、本日、明日は「第16回ふじさわちょい呑みフェスティバル」ですよ〜

毎年この季節のちょい呑みフェスは凍えるくらい寒いのですが、、今晩はどうなるかな?

お天気は微妙かもしれませんが気温はそこそこ高いみたいなので街に人が出るかな??楽しみです!

普段なかなか「軽くイッパイ」で店を出る事がはばかられる方も、新規開拓のチャンスですね。

3枚つづりのちょい呑み券は3軒で使っても1軒で使ってもあなたの自由です。

仲間とシェアしても、独りで何枚も購入してももちろんOK、ご自分なりの楽しみ方で藤沢の街を周っちゃいましょう。

当店は早い時間帯が比較的空いているのでオススメいたします!ご来店お待ちしております。

 

またまた天然キノコたちが続々入荷しておりますよ。

キノコは秋だけのものではないですが、何となく秋の味覚でこの季節に食べたくなりますよね。

天ぷら絶品でした。。

ご注文おまちしております!


日本酒メニューを少し変更。

当店では「新政No.6 S-typeもしくはR-type」が以前からメニューにオンしているのですが、ボトル売りのみのご提供でした。

これはNo.6の特徴である6号酵母を使用した生酛純米の生酒で、抜栓後長くても3日で味が完全に変わる為

グラス売りでの提供が難しい(日の経ったものの提供が好ましくないので)との判断によるものでした。

お客様から「グラスで飲みたい〜」との要望が非常に多かったことからこの度、1合売り用の新政をラインナップに加えました。

同じ新政でも今回投入したのは

こちらの新政 生成(エクリュ)です。

純米の火入れ(生ではない)の為、抜栓後最長2週間くらいは(味の変化は勿論ありますが)お楽しみいただけると思います。

新政特有の6号酵母の独特な味わい、キレ、旨み、酸味は健全です。

皆さん結局4合以上飲まれるので、最初からボトルでよかったじゃん!って事になりそうですが、

新政未体験の方がいらっしゃったらこの機会にぜひ飲んでみてくださいね。

呑んでご納得いただいたお客様、No.6は更に凄いですよ〜!


平成最後のふじさわちょい呑みフェスティバル

きたる11月6,7日「第16回ふじさわちょい呑みフェスティバル」がおこなわれますよ〜

当店は第1回目から参加しちょりますので、これで16回目の参加になります。

今回から当店はプチ本部となり、前売り券2400円、当日券2500円で一般販売する券売所機能を仰せ使いましたので、

お近くにいらした際は、ぜひ前売り券をお求めに2階まで足をお運びくださいね〜

当店は毎回同じようなラインナップで参加いたします。

奇をてらうより安心感とベーシックな当店を知っていただければな、と。

お好きなドリンク1杯+下記のお好きな1品

1.地魚のチョイ刺し盛

2.そばだしおでん

3.カッペリーニやアジアンぶっかけ等の手打ち変わりそば

4.考え中のサムシング(福袋的なのやろうかな・・・)

そばが食べられる為か、3枚つづりの最後にご来店頂いて、そのまま腰を据えてじっくり飲まれる方が多いのが当店の特徴です。

毎回早い時間帯は空いているイメージなので、売り切り御免になる前にいらっしゃるのもオススメです!

 

みなさまのご来店ならびに券のご購入お待ちしております!!


坦々風胡麻そば注入指令!

当店に”ごまだれ”蕎麦なるメニューがある。

濃厚でクリーミーな練り胡麻の香りが楽しめる人気メニューのひとつ。

タレに手間がかかるので美味いのも納得なのだが、手間がかかる分、賄いとして使うのには若干後ろめたさが付きまとう。

なぜなら基本的にこの手の仕込みは私は自分ではやらないからである。

 

昔、ダイエットと称して毎日大根サラダを食べていたころ、

当時の従業員「P」に「和風ドレ作るのは僕なので。。。」と言われ、安い市販のドレッシングを持参していた苦い経験がある。

(当店の和風ドレッシング本当に美味いので、悲しいw)

 

現在、ゴマダレを仕込んでいる従業員「T」さんに「申し訳ないっ!」と言いながら賄いに使う方法「薄める」を開発した私。

(Tは全然気にしないので使ってください!と言ってくれるが)

ゴマダレを通常のつけだれで割って、ラー油やネギでカサを増やし、カイエンペッパーで辛くすることで坦々風に。

ジャンクかもしれないけど、これが癖になる美味さで、ついつい食べてしまう。

そしてふと思う。なぜ毎回美味い賄いをメニュー化しないのだろう、と。

 

というわけで、この度おすすめで「坦々風胡麻そば」を投入いたしたところ意外に盛況でございます。

麺の量が通常の蕎麦類より若干多くなって900円にてご提供。

カツオだしと練り胡麻の香りにラー油とネギでアクセント。

呑んだ〆にも、お食事にもどちらにもオススメです。お試しください!


| 1/43PAGES | >>

公式HP zarubaku.com

logo200


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

recommend

recommend

recommend

recommend

zarubaku official blog mobile

qrcode
zarubaku_genkan

others

Powered by