zarubaku official blog 湘南藤沢駅、南口にある蕎麦ダイニング zarubaku のオフィシャルブログです。

残り物には福がある

「残り物には福がある」などと言うと「また適当なこと言ってんな〜このおじさん」と思うかもしれないが、

当店には「本当に福のある残り物的な食材」が存在するのである。

それは魚の頭やカマ、内臓、スジなど本来は日の目を見ない食材である。

こういう部位が美味いんですよ〜。へそ曲がりなのか、育ちが悪いのか、子供の頃から正肉以外の部位も大好きで。

イカのゲソと身を繋ぐ目の上のあたりの軟骨周辺とか、浅利の貝柱とか、牡蠣のひもとか、金目鯛の胸ひれの裏の黒っぽい所とか、、

魚の頭の中の可食部を探すのは、洞窟を探検する気分に似てますね。

眼底の奥に大量の肉を発見した時の喜びは金脈を掘り当てたの如く喜びが湧いてきたのを今でも覚えています。

(僕の場合はエスカレートして骨や甲殻類の殻まで食べる事が多々あります)

柔らかめの骨をゆっくり噛んだときに滲み出る脂と旨味がたまらないですね〜

 

脱線しましたが、当店には高級魚の頭やカマがあります。

これを捨てるのはもったいなすぎるのでメニューに格安で載せるのですが、まあ、あんまし注文が入りません。

独りでじっくり食べるにはもってこいでも、カップルやグループには食べるのが面倒くさいメニューなのかもしれません。

でもね、食べてよ〜〜

絶対お得、そしてメッチャ美味いです。

伊豆の地金目鯛の煮付けを真面目に食べたらウン千円しますが、当店のカブト煮はせいぜい1200円程度。

脂の溶けた甘辛の煮汁と柔らかい白身が最高です。

そして関東ではなじみが薄いのか、あまり食べる機会がない潮(昆布と塩で)煮。

甘鯛やハタ類などは最高に美味いですよ、そしてお得!

魚によって日本酒で炊いたり、泡盛と柑橘で炊いてみたり、、お値打ちです。

 

その他にも当店にはクエのホルモン炒めやエイやマンボウのレバー刺し、サメの軟骨などなど

面白い食材が入ることが多いです、気になるメニューは即オーダーでお願いします。

マンボウの腸と天然キクラゲの炒めもの。

マンボウの腸はミノのような食感です。

残り物ではありませんが和牛と天然キノコのサイコロステーキ!絶品でした。

皆様のご来店おまちしております!


ちょい呑み本番!

以前も告知した通り、本日、明日は「第16回ふじさわちょい呑みフェスティバル」ですよ〜

毎年この季節のちょい呑みフェスは凍えるくらい寒いのですが、、今晩はどうなるかな?

お天気は微妙かもしれませんが気温はそこそこ高いみたいなので街に人が出るかな??楽しみです!

普段なかなか「軽くイッパイ」で店を出る事がはばかられる方も、新規開拓のチャンスですね。

3枚つづりのちょい呑み券は3軒で使っても1軒で使ってもあなたの自由です。

仲間とシェアしても、独りで何枚も購入してももちろんOK、ご自分なりの楽しみ方で藤沢の街を周っちゃいましょう。

当店は早い時間帯が比較的空いているのでオススメいたします!ご来店お待ちしております。

 

またまた天然キノコたちが続々入荷しておりますよ。

キノコは秋だけのものではないですが、何となく秋の味覚でこの季節に食べたくなりますよね。

天ぷら絶品でした。。

ご注文おまちしております!


日本酒メニューを少し変更。

当店では「新政No.6 S-typeもしくはR-type」が以前からメニューにオンしているのですが、ボトル売りのみのご提供でした。

これはNo.6の特徴である6号酵母を使用した生酛純米の生酒で、抜栓後長くても3日で味が完全に変わる為

グラス売りでの提供が難しい(日の経ったものの提供が好ましくないので)との判断によるものでした。

お客様から「グラスで飲みたい〜」との要望が非常に多かったことからこの度、1合売り用の新政をラインナップに加えました。

同じ新政でも今回投入したのは

こちらの新政 生成(エクリュ)です。

純米の火入れ(生ではない)の為、抜栓後最長2週間くらいは(味の変化は勿論ありますが)お楽しみいただけると思います。

新政特有の6号酵母の独特な味わい、キレ、旨み、酸味は健全です。

皆さん結局4合以上飲まれるので、最初からボトルでよかったじゃん!って事になりそうですが、

新政未体験の方がいらっしゃったらこの機会にぜひ飲んでみてくださいね。

呑んでご納得いただいたお客様、No.6は更に凄いですよ〜!


平成最後のふじさわちょい呑みフェスティバル

きたる11月6,7日「第16回ふじさわちょい呑みフェスティバル」がおこなわれますよ〜

当店は第1回目から参加しちょりますので、これで16回目の参加になります。

今回から当店はプチ本部となり、前売り券2400円、当日券2500円で一般販売する券売所機能を仰せ使いましたので、

お近くにいらした際は、ぜひ前売り券をお求めに2階まで足をお運びくださいね〜

当店は毎回同じようなラインナップで参加いたします。

奇をてらうより安心感とベーシックな当店を知っていただければな、と。

お好きなドリンク1杯+下記のお好きな1品

1.地魚のチョイ刺し盛

2.そばだしおでん

3.カッペリーニやアジアンぶっかけ等の手打ち変わりそば

4.考え中のサムシング(福袋的なのやろうかな・・・)

そばが食べられる為か、3枚つづりの最後にご来店頂いて、そのまま腰を据えてじっくり飲まれる方が多いのが当店の特徴です。

毎回早い時間帯は空いているイメージなので、売り切り御免になる前にいらっしゃるのもオススメです!

 

みなさまのご来店ならびに券のご購入お待ちしております!!


坦々風胡麻そば注入指令!

当店に”ごまだれ”蕎麦なるメニューがある。

濃厚でクリーミーな練り胡麻の香りが楽しめる人気メニューのひとつ。

タレに手間がかかるので美味いのも納得なのだが、手間がかかる分、賄いとして使うのには若干後ろめたさが付きまとう。

なぜなら基本的にこの手の仕込みは私は自分ではやらないからである。

 

昔、ダイエットと称して毎日大根サラダを食べていたころ、

当時の従業員「P」に「和風ドレ作るのは僕なので。。。」と言われ、安い市販のドレッシングを持参していた苦い経験がある。

(当店の和風ドレッシング本当に美味いので、悲しいw)

 

現在、ゴマダレを仕込んでいる従業員「T」さんに「申し訳ないっ!」と言いながら賄いに使う方法「薄める」を開発した私。

(Tは全然気にしないので使ってください!と言ってくれるが)

ゴマダレを通常のつけだれで割って、ラー油やネギでカサを増やし、カイエンペッパーで辛くすることで坦々風に。

ジャンクかもしれないけど、これが癖になる美味さで、ついつい食べてしまう。

そしてふと思う。なぜ毎回美味い賄いをメニュー化しないのだろう、と。

 

というわけで、この度おすすめで「坦々風胡麻そば」を投入いたしたところ意外に盛況でございます。

麺の量が通常の蕎麦類より若干多くなって900円にてご提供。

カツオだしと練り胡麻の香りにラー油とネギでアクセント。

呑んだ〆にも、お食事にもどちらにもオススメです。お試しください!


茅ケ崎店にて人知れずドキドキを楽しむ。

これは中の人のツブヤキである。

お客様目線の場合、いつ、なんどき、このような状態になるのか知るすべは問い合わせいただく以外に無い。

茅ケ崎店は通常「H」というスタッフが切り盛りをしている。

茅ケ崎店の定休日やスタッフの公休、シフトの関係により月に5、6日程度「H」に代わり「中の人」が立つことになる。

「中の人」とは、そう、つまり私である。

通常私は藤沢店に居たり居なかったり、シフトを回すポジションを全てやる。

大谷が二刀流とか言っているが、私はキャッチャーから外野手、監督、コーチ、スタンドでのビールの売り子さんまで全部やる。

球団の広報、マーケ、営業、兼選手、兼応援団みたいな。

刺身を切る日、天ぷらを揚げる日、ホールで接客&ドリンクの日、そして茅ケ崎店の日、がある。

で、茅ケ崎の日というのが新鮮かつ初心に帰ったような、非常に緊張感がありつつ自由度が高くて楽しい日なのである。

藤沢で午前のルーティンを終え、蕎麦を打って、茅ケ崎に向かうのだが、当たり前だがすべて独りでやることになる。

昨日と繋がっていればまだ今日は楽かもしれないが、完全にちんぷんかんぷんな状態で、ポンっと茅ケ崎に立つ。

完全にプロの仕事である。

ガラガラとシャッターを開けるまで今日の状況は分からない。

どこに何があるか、もしかしたら無いのかもしれない中でやる。めっちゃ怖い。けどめっちゃ楽しい。

刺身のオーダーが入ってから、あれ?骨抜き紛失してるやん?みたいなことも時として起こる。

ああ、13年前のあの頃、ZARUBAKUオープンの頃のカオスを思い出すなぁ。と独りシミジミするのである。

あの頃、何か困ったことがあると先輩の板前さんがヘルプに来てくれた。

当店のメニューを一切知らないのに、ヘルプに来てくれるといとも簡単にオーダーを仕上げてくれた。

あの頃の先輩はスーパーマンのようで、とにかく引き出しの多さと手の速さ、的確に仕上げるタイミング、盛り付けの良さが

本当に涙が出るくらい凄くて、かっこええなあといつも思っていた。

あれから13年。

茅ケ崎店もホームであることに変わりないのだけれど、慣れない厨房で自由度の高い料理を提供する自分。

茅ケ崎の魚屋さんとも仲良くなってきたので、夕方顔を出す。〇○ありますよ、と言われれば買いたくなるのが心情。

さて開店まで1時間を切っているけど、この食材で何を作るかな〜とか考えながら店まで帰る。

頭で優先順位と必要な時間を計算してメニュー構成やらを考える。このフリースタイルがたまらなくゾクゾクするのだ。

これはあくまで中の人のツブヤキであって、お客様からしたら同じものを同じように提供されるのが当たり前だ。

けれど、やはり提供する人が違うと、違うものになってしまうのは事実。

大規模チェーンではない個店の面白さというか、「味」だと思ってご容赦頂きたい。

かまぼこか金太郎飴のようにどこを切っても同じ商品ではそれもつまらないと思う。

そんな感じで茅ケ崎店勤務の日は、人知れずドキドキを楽しんでいるのであります。

しかも、当方、前日までシフトを確認しないので、次がいつなのかわからない状態も楽しんでおります。。


お勧め料理とは!

今年のヒットはハモですね。

香茸はじめ天然キノコや牛レバー、イバラガニモドキ、エイレバー、マンボウレバー、牛筋煮込みなど

今年も色々「蕎麦居酒屋ですよね?」って言われるネタを投入しておりますが、一番人気はハモです。

昨日よりメニューオンしている晩秋のハモ、白身特有の淡い脂と旨味が抜群です。

昨晩、2度おかわりして3人前ペロリの常連さんからもお褒めの言葉を頂いております。

「おすすめ」を聞かれて、答えやすく理解されやすい点も注文・リピートに繋がっているのかもしれませんね。

「イバラガニモドキの外子の酢の物」とか「クエのホルモンのニンニク味噌炒め」などと勧められても

あまりお客様は反応してくれませんので。。でもオススメは本当にオススメなんですよ!

従業員に「おすすめは?」と聞かれる以上、正直、いくつか出した選択肢のうち1つくらいは注文していただきたいな〜

新しい食材や本当のおいしさに出会うためにはガイドが必要なのかもしれませんよ。

それにしてもハモ。人気です。

 

小腹が空いたときのローカロリー低糖質高たんぱく賄い「酸辣湯」

僕が一番食べる頻度が高い賄い「辛い担々胡麻蕎麦ネギどひゃ乗せ」

本当はこういうのをオススメして欲しいのかしら???見た目はアレですが、激ウマですよ〜。


茅ケ崎店1周年!

気が付けば1年。

10月の25日にZARUBAKU茅ケ崎店は1周年を迎えさせていただきます!!

日頃の皆様のご来店に感謝いたしまして、1周年記念フェア週間を22日(月)〜27日(土)に行いたいと思います。

サッポロ黒ラベル生ビール300円とデュワーズハイボール200円などサービス価格でご提供致したく考えております。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。


煮込みはじめました。

煮込み始めました!

いきなり老舗の味!

ブログ限定でレシピの秘密紹介します。

僕的に、煮込みっちゅーのはゲスでチープでなければならないと定義されます。

なので、600円以上はいただいてはいけない、味も量も価格も庶民の味方でなければならない。

ということで売値から逆算して原価を割り出し、思い通りのものを作るように社員と会議を重ねました。

そこで浮上したのがおでんの出汁の再利用。

おでんと言えばダシの香り、素材の味を生かすもの。

一晩経つ頃には素材からの旨味がオツユに出るのですがに、逆にカツオだしの風味が飛んでしまいます。

今まで捨てていたその旨みタップリのスープを使ってはどうだろうか、と。

赤味噌仕立てで絹豆腐とゆで卵、牛筋などの正肉以外の牛肉。

日によって牛筋とギアラ、センマイ、ハチの巣、ふわなど雑多なお肉を投入いたします。

レシピ公開しても一般家庭では同じものは作れないですがw

かくしてそばだしの遺伝子を持つ、蕎麦居酒屋としての体裁を保ったままの煮込みを作ることに成功したのである。

既にお客様からお褒めの言葉を頂いておりますが、もう少し遊んで改善したいなと考えております。

寒い季節に、おでん、鴨鍋、煮込み。

是非是非宜しくお願い致します。


2018 BKK

ちょっとバンコクに行ってきました。

訳あって数か月前から調整していた4連休。その私用の予定が予定数日前にキャンセルになり

休みのシフトを組んでしまった私と長女だけでどこかに行こうかとなりまして、行ってきましたタイ・バンコク。

国内の天気予報は概ね雨、八重山の南には台風が発生しており、北から南まで絶望的な荒天予報。

台湾でも行って、ゆる〜くタピオカ白玉入りマンゴーかき氷でも食べようかと思っていたのですが

与那国の知り合いに聞いてみると「台風きてるよ」とのことで没に。

ならば更に飛行時間を3時間余りのばしてタイにでも行くか、と思い付いた時、離陸まで72時間を切っていた。

ネットで見る限り直前過ぎて格安チケットの空席は皆無、それではと代理店に聞いてみると、あるんですね〜

各旅行代理店だか組合だかで空席在庫を持ってるんですね〜

しかし緊急発券手数料なる謎フィーを支払い

、席指定は航空会社のWEBチェックイン時のみ可能という謎ルール条件付き。

5歳の女の子と席がバラバラになっても機内でなんとか交渉しようと思いながらも、余裕で2席ゲットできて離陸。

「タイ」へ行くのは何度目なんだろう。

タイ好き、旅行好きの皆様に比べたら大した回数ではないが、子供と2人旅だったせいか今回の旅は新鮮だった。

2泊4日のちょっと弾丸日程ではあるが、90時間あればそこそこ満喫できた。

空気が違う。匂いが全然違う。食べ物が違う、人が違う、景色が違う、常識が違う、価値観が違う、最高だった。

長女は3度目のタイであったが、うろ覚えの前回前々回に比べ、見るもの全てが新鮮だったようだ。

驚異の人見知りしなさ加減は海外でも健在で、いろいろと異文化コミュニケーションを楽しんだようだ。

東南アジアは日本に比べ全てが緩い。

その分自己責任や判断能力が必要になってくるが、生死を分けるような判断はほぼ無い。

しかし、築地の目利きと同じで「騙される方が悪い」の原則がまかり通るのが東南アジアの厄介な所。

物価・金銭感覚や地図・距離感を頭と肌に覚えさせないと高額請求や詐欺のターゲットになってしまう。

そこだけ毅然としていれば一般のタイの人々はフレンドリーかつ非常に人情的で常識も日本のそれと変わらない。

その証拠にバンコクのど真ん中でiPhoneを落としてしまったのだが、無事戻ってきた。

(まさか海外で’iPhoneを探す’を使うとは思ってなかった。。)

子供と2人旅ということは意志決定は自分の判断なわけで、やりたいことは限りなく独り旅の感覚だった。

下調べ皆無、ガイドブック無し、タイ語・英語の勉強無し、行き当たりばっ旅。

行きたい店も数軒回れたし、食べたいモノもいくつか食べられたし、満足満足。

子連れの為、移動と時間に制限があったのが逆にゆっくりじっくりバンコクを見る機会になった。

車の移動と自転車の移動では見えるものが違い、新しい発見がある、あの現象だ。

子供を地元のオバサンに預けて、2晩連続でタイマッサージも満喫できたし

中華街の食堂では炭焼きの海産物をツマミにシンハーもたらふく飲めたし、制約の中で最大限に楽しんだ。

子供も象に乗れたり、野生のオオトカゲを見れたり、タイ語や英語で注文したりと、楽しんでいるようだった。

 

「旅の途中は何があっても怒らない」と約束したのだが、

何度か怒ってしまったことを最後の晩の乾杯の際に謝った。

「パパの大好きな場所に大好きな人と来れて良かったね、乾杯!」と娘。

その言葉にワタクシ、大都会バンコク・ペッチャブリーの屋台で不覚にも泣いた。マジで泣いた。

旅というのは非日常だ。日々の生活の中で娘と2人でこんな会話をすることは後にも先に無いだろう。

(↑そのときの乾杯直後の様子)

気分が良くなって隣の席のサラリーマン達にビールをおごって、多めにチップを置いて屋台を出た。

若い時、隣の席の外国人によくビールをご馳走してもらった。

若い頃の旅では色々と与えられた出逢いが多かった、大人になった今、ご返杯をする時なのかなと強く思う。

現状に感謝、大好きな人とまたこうして旅ができることに感謝、

そして人間として僕を大きくしてくれている「旅」に感謝。

今回の旅では結構いたるところにドネーションしたり、チップを多めに払ったり、小銭をばらまいた。

若い時、物乞いにお金をあげてはダメと言われたものだが、今思えば何故なのかわからない。

みんな必死だ。金儲けの為かもしれないが、両足がない男が24時間コンビニの入口で物乞いをしている。

先進国で生命の危険の少ない地域で生きている我々が、少し幸せをお裾分けすることは悪なのだろうか。

ならば大きな機構に寄付をすればよいと言われるかもしれないが、僕が個人レベルで見聞きしたことや

一期一会でその場で出会った人に自分の判断でお金を払いたい。

全ての人が自分の目の前にある不幸に対してほんの少し協力すれば、世界はほんの少し幸せになると信じている。

そんなことを考えるのもまた、旅の非日常感から得た感覚なのかもしれない。

 

子供に色々な事を経験させたい、色々見せたいとの大義名分のもと、自分が最大限に楽しむ。

一緒に色々な所に行くけど親のエゴを子供に押し付ける権利なんてない

だけど旅は色々な事を教えてくれる、なんとなくで良いから親父が大切にしている価値観は汲んで欲しい。

子供も僕もお互い目線は違えど色々と気付かされる旅だった。

突発的なバンコク行きを理解してくれる周りの環境にも感謝。

 

人生山あり谷ありだけど、考え方ひとつで開放される苦痛もあるかもね。

5年後10年後も大切だけど、5年後10年後の為に今を楽しむのが大切だと思う。

物欲は消えても、食欲と旅欲だけは消せない病気なのです。。

本場のネーム(酸っぱい生豚ソーセージ)とカオニャオ(もち米)の破壊力!旨すぎ!

深夜〜起床前に喉が渇いたら水がわりにビール。8本は自分でもびっくり。

この旅で生樽2本分くらい飲んだな。


| 1/43PAGES | >>

公式HP zarubaku.com

logo200


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

recommend

recommend

recommend

recommend

zarubaku official blog mobile

qrcode
zarubaku_genkan

others

Powered by