zarubaku official blog 湘南藤沢駅、南口にある蕎麦ダイニング zarubaku のオフィシャルブログです。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.06.21 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

命・いただきます

紅葉が見ごろってことで、ちょっくら箱根に行ってきました。
湘南国際マラソンの為、海沿いは通行止め、内陸を通って箱根を目指したのですが。。
てか、小田原城って行ったこと無いね〜ってことで。。

寄り道です。
雨の予報だったのでキャンプの予定を急遽、温泉旅館に変更したのに何?この秋晴れ?
日本武道館の入口みたいな門をくぐって中に入ると、

いいですね〜太鼓ドンドン。

菊ですね〜。
↑ワタクシ、食用菊(紫の)をカラシ酢醤油で食べるのが好きなのですが、
その昔祖父母が育てていた鑑賞用の菊もよく食べさせれられていましたもので、
食べ物にしか見えない。。

ふと思う。
城も太鼓もお猿さんも菊も堀の鯉も、見るのはタダ(無料)。
なんでだろ?こんな立派なエンターテイメントが、タダ。凄くないですか?
天守閣に入るのは有料かもしれないけど(わからんが)
外から見る分にはタダ。てっぺんまで登ってグーグルアースみたいな小田原の城下町を見ても
そこから城が見えるわけではないので登りませんでした。
(眉毛は目から近いけど見えない、みたいな言葉と一緒ですね。。違うか。。)

腹減ったので、目の前に現れたうなぎ屋さんでメシ食って、箱根に向かいました。

・・・・・さてさて、ここまでは前置きです。
こんな秋のすがすがしい陽気の中、皆様いかがお過ごしですか?

白金でクジラ料理をいただきました。
実はハリハリ鍋をいただくのは初めてだったもので期待が膨らみます。
年に数回当店にもクジラが入って来ます。
定置網にかかってしまったクジラを粗末にできない為、感謝して頂いているのですが
なんせデカいので色々な部位を提案されてもさばき切れないと思っていたのと
不勉強のせいで調理法がイマイチわからなかったのですが、今回謎が解けました。

白金・「くじら料理 うずら」さん。
敷居が高いのかと勘ぐっていましたが、庶民的ないわゆる居酒屋さん的な雰囲気でした。

鍋の前に何品か注文。

イワシクジラの畝須ベーコン。
腹の白い部分のベーコンですが、これ絶品!
カラシ醤油に薬味のねぎで食すのですが、なんともアジが濃い、旨みが広がります。
いわゆるクジラベーコンとは一線を画します。
ちなみにこんな量、いくらするのだろう。。

ナガスクジラ赤身の刺身。
んまい!この厚み、この量、同行者の皆様に気を遣わずガンガン食える!
合わせるは麦焼酎です。

竜田揚げ。なつかし〜
むかしはよく食べたものです、竜田揚げや生姜醤油でソテーしてクジラステーキなど。
三つ子の魂〜ではないけれど、DNAに刻まれたこの味覚はそう簡単にこの味を忘れられない。

で、真打登場!

具は一度湯通しした(たぶん)赤身と水菜、油揚げのみ。

女将さんに「ウオリャ〜!!」の勢いで投入していただきます。
聞けばスープはカツオと昆布にクジラの脂が少々、淡口醤油か塩かは酔っぱらってて覚えていませんが、、
これ絶品でした!
ここまでシンプルな材料で、ここまで満足感を得られのは奇跡に近いです。
んめ〜!これはウマイ。
肉も美味いのですが、スープがメチャメチャ美味い。

あっと言う間に具は消え去り、残りのスープで雑炊に。

優しすぎる。
美味しんぼ的に言うと、長年使ったこの土鍋からもクジラの出汁が出てる!
(現実にはそんな事は無いらしいですよ)
百聞は一見一食にしかず。
百のヤフー知恵袋より、一度の実食。
これは勉強になりました。

コチラのお店は気さくな女将さんと庶民的な雰囲気で、家に帰ってきたような錯覚を覚える居心地です。
これはリピート確実です。
今後クジラが入荷した際は色々と試してみたいと思いますので、お付き合いよろしくお願い致します。

スポンサーサイト

  • 2019.06.21 Friday
  • -
  • 10:57
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
イワシクジラじゃなくてナガスクジラに訂正されなかったっけ?
  • NRT
  • 2014/11/05 11:47 AM
ミンクだ!
  • イケメン☆
  • 2014/11/05 12:13 PM
ミンクは刺だべ?
  • NRT
  • 2014/11/05 12:31 PM
刺身はナガスだべ。
ちなみにナガスとシロナガスクジラは違う。
  • イケマン☆
  • 2014/11/05 1:34 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

公式HP zarubaku.com

logo200


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

recommend

recommend

recommend

recommend

zarubaku official blog mobile

qrcode
zarubaku_genkan

others

Powered by