zarubaku official blog 湘南藤沢駅、南口にある蕎麦ダイニング zarubaku のオフィシャルブログです。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.06.21 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2017あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

2017年もみなさまにとって最高の1年になりますよう〜に。

皆様に支えられ、12月も大盛況に終えることが出来ました。

御贔屓にしていただけるお客様あっての当店、心より御礼申し上げますと共に、今年もおいしいお酒が呑めますよう皆様のご健康とますますのご発展をお祈りして、新年のご挨拶に代えさせて頂きます。

 

正直言って、昨年(2016年)ほど年末を感じない年はなかったかな。

何でしょう、目標の設定の度合いだと思うんですけど、今年(2017年)にあまりにも大きな変化があるように思えて。

ますます突っ走らなければならない、そんな思いが強いのかもしれません。一年の計は元旦にあり。

とは言っても12月楽しかったな〜、いろいろなお客様にも出逢えたし。

 

2000年〜2001年の年越し、僕はネパールの小さな村にいた。

気温は1桁、暖房もほとんど無く、防寒着もほとんどなく、連日、体の芯から冷え切っていたのを思い出す。

大晦日、日本式の風呂(湯船)があって窓からアンナプルナ山が見える部屋があるのだけど、どう?と誘われた。

湯船に肩まで浸かれるなんて夢のようだ、景色はともかくその風呂の誘いに飛びついて宿を換えた。

薄っぺらい毛布にくるまってチャイを飲むくらいしか暖をとれなかった自分には最高の正月だ。

新しくて清潔なゲストハウスだった。インド〜ネパールでは珍しいくらい近代的な宿に思えた。

さっそく風呂を溜める、お湯だ!嬉しかった。目視で4分の1くらい溜まった頃、待ちきれなくて裸になった。

桶がない、タイル張りではあるが洗い場がなく、湯船の外はトイレの床だ。いいや、このまま入っちゃおう。

しかし、入れないくらいぬるかった。

水とお湯の調節は出来る。水を止めてお湯全開。40度くらいのぬるま湯がちょろちょろ、溜まるのに2時間くらいかかりそう。

ぬるま湯は溜まる前に完全に冷めた。

そんな絶望感。クレームを言っても、人の好いオーナーは悲しそうな顔をするだけ。

悪いの?俺〜〜??

年越しというとそんな絶望感を思い出すのでした。

(なんの話やねん)

 

本年も全く営業と関係のない小噺ブログよろしくお願いいたします!


スポンサーサイト

  • 2019.06.21 Friday
  • -
  • 07:44
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

公式HP zarubaku.com

logo200


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

recommend

recommend

recommend

recommend

zarubaku official blog mobile

qrcode
zarubaku_genkan

others

Powered by