zarubaku official blog 湘南藤沢駅、南口にある蕎麦ダイニング zarubaku のオフィシャルブログです。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.06.21 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

唐突ですが、ベアードビールはじめます。

世の中の流れとは裏腹に、当店はゴーイングマイウェイな鈍感力でお店を運営しております。

世界的にクラフトビールが流行ろうと、その魅力に気付いていなければ当店ではやらないのである。

しかし、嗜好ってのは変化するものですなぁ。

かなり以前からこの手のビールは飲んでいるが、お酒のジャンルのひとつとしか捉えていなかった。。

最近ハートを射抜かれてしまい、これは当店でも布教活動をしなければ、と。

 

僕の好みは、クラフトビールの中でもIPAと呼ばれるジャンルである。

そう、インディア・ペール・エールっす。

航海時代にビールの劣化を防ぐため(諸説あります)アルコール度数とホップの量を増やした、現代的に言うと贅沢なビール。

 

クラフトビールはゆっくりと時間をかけてアロマやフレーバーを楽しむには打ってつけのビール。

僕の生まれ故郷新潟、学生時代を過ごした川越、そしてここ湘南・逗子にも素晴らしい地ビールがありますが、、

ご縁があってコチラ、静岡県沼津発祥・ベアードビールさん。

当店での取り扱い品目など、いろいろと試すべく馬車道へ。

この度、ベアードビールさんとお付き合いしたいなと一方的に決めましたのでございます。

馬車道のタップルームはBBQ料理を主軸としておりまして、店内がメッチャスモーキーフレーバー。

さてさて、片っ端からビールを堪能。

早い時間に席を確保して、いざ試飲。

誰もオランジーナ。

まずは軽めのライジングサンペールエール。

ライトでキレがあり1杯目にはぴったりのペールエール。美味い。

そして本命IPA。定番の帝国IPA。

かなり苦いです。この苦味と酵母(かな?)とホップの重厚な香り。旨し。

チェイサー的にラガーを挟んでみました。修善寺ヘリテッジヘレス。

そして大大本命スルガベイインペリアルIPA。

度数も8.5%と国産ラガーの約2倍、重厚で複雑なホップにメロメロです。

これはウマイ!!200〜250ccの小さめグラスで飲んでいたのだが、確認すべく400のグラスに切り替え更に2度おかわりを。

バイーーーン!うめぇぇぇぇぇぇ!

スタウト系も試します。島国スタウト。

僕たちのような昭和のおじさんは黒ビールとスタウトの違いを知らず、黒けりゃ黒ビールだと思ってます。

スタウトってのはエールであってギネスやネグラモデロのように軽いのに黒くてフレーバーがあるような類です。

黒ビールってのはドイツに発祥があるラガーでエビスの黒など国産大手の黒色ビールがほとんどそれです。

おじさんが若いころは喉越し至上主義でキレッキレの味なしビールがもてはやされていました。

おそらくこれは新潟系淡麗日本酒などに代表される「水の如し」が良い酒という風潮に起因していると思われます。

徐々にYEBISUビールや秋味系(ビールは夏だけじゃないのよプロモーション)の濃厚ものも台頭するようになりました。

当店オープン当時、大人が美味しいものを食べてゆっくり呑むなら「YEBISU」みたいな感じでしたが、

「スーパードライねえの?」と水系ビールを所望する方もまだまだ少なくありませんでした。

最近は日本酒も淡麗系から濃厚熟成型に流れが変わってきていますが、まだまだ好みの問題で理解されない方も多いです。

全く持って趣味・嗜好の問題ですので何物にも好みは縛られる必要がないと僕は考えます。各人が美味いものを飲むべし!

話がそれました〜

アングリーボーイブラウンエール

コチラもブラウン系のビールで濃厚なのですがアルコール度数も高い為か、相乗効果が素晴らしい。

僕の好みですが香りや苦味とアルコール度数は比例した方が美味い。

料理で言うところの両味ってやつですな。塩分濃度を上げた時は糖分濃度も同じだけ上げないとバランスが取れない。

ベアード・ブルーイングさんも言っている

バランス+複雑さ=個性

バランスというのは基本公式、それがあってこそ遊びとしての奥行を加えられて、オリジナルとしての個性が産まれる。

素晴らしいですね。

僕みたいなビールの素人が言う事ではないですが、、

色々(他社品を)飲み比べるとバランスの悪さや付け焼刃の製品はすぐに違和感を感じる。

基本公式ができていないんだろうなと想像が付きます。

 

全種類は試飲できませんでしたが大体のところは理解いたしました。

フライングで記事にしておりますが、来週あたりから当店投入の段取りでございます。

生樽での提供は出来ませんが、専用のグラスで、ボトル詰めビールを適温管理でご提供いたそうと考えております。

まずはライジングサンペールエールとスルガベイインペリアルIPAを扱いたいな。

 

宜しくお願い致します。

 


スポンサーサイト

  • 2019.06.21 Friday
  • -
  • 12:20
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

公式HP zarubaku.com

logo200


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

recommend

recommend

recommend

recommend

zarubaku official blog mobile

qrcode
zarubaku_genkan

others

Powered by