zarubaku official blog 湘南藤沢駅、南口にある蕎麦ダイニング zarubaku のオフィシャルブログです。

食欲の秋、運動の秋、きのこの山

秋ですね。場所と時期を不明確にするために、あえて数週間経ってからブログ化するブログシリーズ。

題して「さかな人と行く、訓練なんだか親睦会なんだか、名目上はキノコ狩り山行」

 

行ってまいりました!2人とも丸1日休みを取って、暗いうちから暗くなるまでキノコ狩り&登山。

場所は首都圏から3時間くらいの某山中。

さかな人長谷川君の後を歩く事、、何時間だろう?この日は本当にヘロヘロになってしまった。

だって、、

こうい所っすよ。写真で見ると、あら、良い景色〜と思うのですが。。。

実際は足が震えます。もしかすると僕は高所恐怖症なのかも。

こちらも写真だとなんとなく普通ですが、ほぼ垂直。

鎖が付いているいわゆる鎖場なのですが、、あの男はあえて鎖に頼らない。

そうとう重めの猿ですね。

(これ命綱もないので一瞬間違ったら滑落します)

この爽やかショットも腰が引けてます。

回を重ねるごとに慣れてはくるのですが、やはり怖いものは怖いです。

体力やキノコ種類を覚えるなどの条件以前に生理的なモノの壁を越えなければならない。

標高1100メートルあたりから登り始め、最高高度で2060メートルあたりでしょうか約6時間ハードに歩きました。

年齢のせいにはしたくないのですが、普段から結構動いているつもりでもキツイです。

でも気持ちイイですね〜、このドマゾな状態って、その時は辛いのにまたやりたくなるという中毒性を孕んでいます。

草木や土、岩の感じが標高帯ごとに違う表情を見せてくれるので飽きることはありませんでした。

(株)さかな人長谷川君は、卸しの魚屋でありながら、きのこ人、山菜人(株)山歩きの代表でもあります。嘘

低山を含めると年間250〜300日は山に入ってると思いますよ。

逆に言えば、海と山が近くにある環境に僕たちは暮らしているということ。

鎌倉、逗子、葉山、横須賀、三浦、、海と山が共存する素晴らしい環境です。

僕自身も家庭で食べるくらいのキノコはゲットできたし、気持ち良い景色と空気を満喫できたし、大満足です。

たまには動けなくなるくらい遊ぶのって貴重な体験だと思いますよ。

帰りがけ、ほうとうをつまみながらビールっす。長谷川氏は酒を呑まないので私は気兼ねなく飲みます。

(本当は申し訳なく思ってるけど、、、)

運転も長距離慣れてるから寝ていいよと言って頂けたので、、

(本当は申し訳なくて全然寝てませんけど、、)

私の収穫はこんな感じです。

乳茸は茄子と一緒に細かく刻んで油炒め。メッチャご飯がススム!

その他の雑キノコは(すみません名前忘れた)味噌仕立てキノコ鍋にいたしました。

香る〜味もかなり出てる〜なんか懐かしい〜

地元の新潟でも山菜やキノコをよく採りに行きました。

両親や祖父母まかせで僕は選別等は出来ませんがこの香りや味は何となく覚えてる。

いや〜満足満足。

登山→キノコ鍋、余韻も含めて2度3度楽しめます。

初心者の方はガイドが居ないとキノコの選別も、山歩きも危険なのでオススメはしません。

しかし、機会があればこのワールドはかなり奥が深く、自分と対峙出来て、限界感、絶界感が味わえる不思議な世界。

是非体感していただきたいなぁ〜

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.06.21 Friday
  • -
  • 09:41
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

公式HP zarubaku.com

logo200


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

recommend

recommend

recommend

recommend

zarubaku official blog mobile

qrcode
zarubaku_genkan

others

Powered by